• ブルーベリーのサプリメントの種類

    オフィスや趣味で、PCを使うことの多い現代。
    今やブルーベリーのサプリメントは皆さんが気軽に摂っているものの一つではないでしょうか。
    私も最初に始めたのがこのブルーベリーでした。

    実はこの「目にいい」と謳われるブルーベリーのサプリメント、大きく二種類に分かれるそうです。
    一つは、ブルーベリーを絞ったもので構成されるサプリ。
    そしてもう一つは、ビタミンAを主成分としたサプリです。

    ビタミンAは不足すると目に症状が表れてくるので、目がかすんだりゴロゴロする方はもしかしたらこのビタミンA不足なのかもしれません。

    どちらも目にいいということは確かなので、実際に使われてみて、改善したと感じたものを続けられるのが一番だと思います。

    サプリとひとことで言っても、形状はさまざまですね。
    ソフトカプセル、錠剤、噛める錠剤など・・・ドリンクタイプのものもあります。
    効きかたにも違いがあって、特に疲れ目の方にはドリンクタイプが即効性があるような気がします。

    ブルーベリーはいくら摂ってもいいそうです。
    ビタミン系のものは、種類により度を越して摂取すると、摂り過ぎになってしまうので、規則正しい摂取が望まれます。
    多くはその両方を取り入れたものになっていて、成分も大きく違いがあります。
    ブルーベリー以外にも目にいいとされる植物があり、それらと配合されているものも。

    あなたのサプリはどのようなものでしょうか?一度成分表をじっくり見てみると、面白い発見があるかもしれませんね。

    最近話題となっているのが赤ワインで、サプリメントとしても使われておりポリフェノールが豊富な食べ物として有名です。果汁だけでなく、茎や種子、皮も使うので白ワインより遙かにポリフェノールを多く含んでいるのが、赤ワインです。

    赤ワインにはアルコールが入っています。中にはアルコール摂取をしたくない人や、お酒に元々弱い人もいます。おすすめの方法は、アルコールを含まない赤ワインサプリメントで赤ワインのポリフェノールを摂取することです。

    動物性脂肪の摂取量が多いにもかかわらず心臓疾患の確率が低いフランス人は、赤ワインを多く摂取しており、フレンチパラドックスといわれていたのです。赤ワインのポリフェノールが抗酸化力があり、動脈硬化を防ぐ作用や、抗ガン作用があることが関わっています。

    赤ワインから必要なポリフェノールを摂取するには毎日1.5杯程度を飲む必要があります。無理だという人はサプリメントによるポリフェノールの摂取が役立ちます。お酒を控えたい人もいるでしょうし、アルコールの飲み過ぎは体に良くない影響を及ぼすこともあるようです。

    持ち運びにサプリメントならば便利ですし、赤ワインのポリフェノールが酒量に関わりなく摂取できるというのもメリットです。サプリメントなら体に負担をかける事無く、健康的にポリフェノールを摂取することが可能で、アルコールの過剰摂取は肝臓にも負担がかかりますがその心配もありません。

    サプリメントほど手軽ではありませんが、レーシックは、視力回復に確実な効果が望めます。手術なので病院は慎重に選ぶ必要がありそうですね。